家系図を探るために役立つ情報源

家系図作成するための様々な「情報源」

家系図を作成する前に、なるべく資料を集めてどこまで遡るかを決めると良いでしょう。資料は戸籍簿だけではなく、その当時の人々が暮らしていた地域に関わる過去の古文書や、古地図、寺の過去帳や宗門人別帳などになります。戸籍簿だけではわからない部分を埋めてくれるだけでなく、戸籍がない時代まで遡ることがあった場合、名字がわからない人々が当時どのような役職についていたのか、どこで暮らしていたかわかる可能性があります。そこから人物を辿れることも多いのです。

今回はそれぞれがどんな特徴を持ち、どこで手に入れることが出来るのかをご紹介します。

古文書は自分の親戚や本家に保管していることも

家系図を作成しようと思い立った時、まずは親戚や、本家などが分かっているなら、そこに話を聞きに行くことで情報を得られる可能性が高いです。蔵などが残っているなら、そこに昔の古文書があることも。

事前に、家系図作成のためだと伝えておけばスムーズに話を聞くことができるでしょう。

本籍地のある土地の図書館や資料館の郷土誌

先祖が土地の名士や武家だった場合、その土地の郷土誌などに手がかりがある可能性があります。事前に図書館などに連絡をして、自分の知りたい情報について問い合わせてみれば、土地の歴史に詳しい方を紹介してもらえるかもしれません。そして、戸籍などで土地の名前が分かっていれば、古地図などをみてみると、近くにある寺や神社など、ヒントになるものもわかります。

また、郷土誌は全国の市区町村で編集が進んでいて、江戸時代の藩に使えた武士「藩士」の人名が掲載されている文書として、大名家臣団の総合的な人名録である分限帳(ぶげんちょう)や、家の由緒を略述した由緒書(ゆいしょがき)、家臣団の系図集である家中系図などは、場合によっては国会図書館のデーターベースを活用すれば、情報を得られることがあります。

その土地に向かう前に、分かっている名前や藩名があれば、「国立国会図書館デジタルコレクション」を使って調べてみましょう。

墓石から情報を得る

身近なヒントといえばお墓も忘れず確認しましょう。お墓には先祖の名前や俗名・戒名、享年などもわかります。意外な情報が得られる可能性もあるでしょう。ただ、風化した墓石は、一見しても中々判読が難しいものです。そこで試したいのが、ペンライトや懐中電灯などを持って行き、光の角度を変えて見ること。

また、「拓本」といって、紙などに凹凸を写し取ることも、読みにくい文字を判読する助けになります。最近ではデジカメで写真を取り、パソコンに取り込んでコントラストを調整するなど、デジタルを利用することもできますので、参考にしてみてください。

寺の過去帳が閲覧できれば心強い

過去帳とは故人の戒名や俗名、死亡年月日、享年などが記されている帳簿です。江戸時代は、その土地のいずれかの寺に檀家として登録することが決められており、その檀家が亡くなった時には過去帳にその記録を残しました。過去帳には、寺が保管するものと、在家が保管するものの2種類があります。もし、本家などがあり過去帳が存在していたら、先祖を辿るのにとても心強いです。無くなっていたとしたら、寺にお願いしてみるしかありません。

しかし現在は個人情報保護の観点から、先祖を辿る目的であっても閲覧、写しができない可能性があります。宗派にも寄りますが基本的には、檀家の宗家(本家など)からの依頼にしか対応しないところがほとんどだといいます。もしお願いできるのであれば、駄目元で申し入れして貰うのも手かもしれません。

宗門人別帳と分限帳・由緒書

江戸時代の戸籍情報で忘れてはいけないのは、古文書です。武士か庶民かで調査する文献が違ってきます。宗門人別帳とは、「宗門人別改帳(しゅうもんにんべつあらためちょう)とも言い、江戸時代に幕府の命を受けて各藩主が村や町ごとに作成させた戸籍に代わる台帳です。元々はキリシタン禁圧のために、人民が必ずどこかの寺に所属していることを確認する「宗門改(しゅうもんあらため)」と、役負担の人別帳が合わさったもので、戸主や家族構成、奉公人などの名前、年齢、各人の所属している寺などが記載された名簿です。

引用:茨城県立歴史館

一方、分限帳とは各藩の武士の名簿で、名前、役職と石高が記されています。宗門人別帳とは違い、女性の名前などは記されてないですが、先祖が武士とわかっていれば、役に立つ資料です。そして分限帳を作る際、藩士は由緒書きの提出も併せて求められたので、この由緒書きも手がかりになるかもしれません。ただ由緒書きはその家の由来を記しているので、自家の家格を高めるために粉飾していたことも多いそうです。しかし当時を知る手がかりであることに変わりはありません。どちらも、活字化されていれば、都道府県の図書館や国立国会図書館に収蔵され、閲覧できるものがありますので、データーベースなどを活用し、確認してみましょう。

江戸時代まで遡る場合、資料は多ければ多いほど、先祖を知る手がかりになります。一つ一つ集めるのは大変根気が入りますので、電話や手紙、インターネットを利用して、まずは目当ての資料があるのかどうか、どこを探せば手に入るかなどを確認してみると、スムーズに探すことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です