家系図を辿る方法 家紋について part1

自分の家の家紋を知っていますか

自分の家にある家紋を、すぐに答えられる方もいると思いますが、大体はどんな形だったかわからない方が多いと思います。お墓に刻まれていたり、古い家柄の方では嫁入り道具に刻まれていたり、紋付きの黒留袖に入っていたりします。

ただ、着物に入っている紋は便宜上「五三桐(ごさんのきり)」が入っていることもあるので、自分の家の家紋と違う可能性もあります。

家紋は、出自など家柄、血統、地位を表すために使っている紋章です。日本には約5千〜8千種、一説によると3万種ほどもあると言われています。

また、同じ一族でも複数の家紋を持っていることがあり、注意が必要です。

 

家紋はいつから使うようになったのか

家紋のルーツは平安時代に遡ります。もともと天皇や皇族が着物につけた柄から生まれ、次第に自分の持ち物や牛車などに独自の決まった紋様をつけるようになり、他の貴族と差別化をはかるようになりました。これが家紋の始まりだと言われています。平安時代の公家がこぞって入れるようになりますが、自然の花や虫など、華美な紋を選んで入れることが多かったようです。

その後、爆発的に増えるのは鎌倉時代の武家社会になってからです。着物の文様の延長だった紋は、武具、旗物具足、着物などに武家が自身の証として使うようになり、帰属の証明や家紋の意味合いや役割を発展させていきました。

本格的な合戦が増えるようになると、武将は武勲をあげるため、また敵味方の視認性を高めるために旗印に入れたり、兜や馬印に入れたりとあらゆるものに家紋を入れるようになります。鎌倉中期頃にはほぼ全ての武家は、家紋を持つようになりました。

その後、室町時代になると、また家紋の意味は廃れて行きます。公家にはそもそも家柄という揺るぎないものがあったので、家紋で区別するという文化が根付かなかったようです。しかし、また戦国時代になるにつれ、同族で争うことが増えていきます。一度収束した家紋の扱いも、戦国時代にさらに種類が増えていくことになります。

 

江戸文化で一般庶民にも使用が広がる

江戸時代になると「士農工商」により、身分が厳密に決められるようになります。そのため、武将の家紋は権威の象徴になります。戦国時代には敵味方の区別のための様に実用的だったのもが、自分や家族の身なりを正したり、家格を他人に示したりするなど、目的が変化しました。

そして日本の場合は、一般庶民に家紋の使用を制限しませんでした。百姓や町人、役者、芸人、遊女など社会的には低い階級に位置づけられた人々までが、自由に家紋を用いる様になります。これは世界的に見ても珍しいことでした

さらに江戸時代になると、「羽織」や「裃」など礼装・正装の衣服に家紋を入れる慣習が一般化します。元禄文化では、人々の生活は次第に華やかなものになり、着物に家紋を入れることが増えていきます。そこで、家紋を持っていない人が好んだのが、豊臣秀吉の出世例によって「五三桐」紋を入れることだったようです。

この様にして、今の日本の多種多様な家紋が成立し、庶民も家紋を持つ様になりました。

 

※豊臣秀吉の吉例とは:天皇から功績として桐紋を与えられたのは、足利尊氏や秀吉ですが、桐紋は室町幕府では褒賞として与えられることが慣例になっていたようです。その中でも、秀吉は農民出身で、ついには将軍にまで登りつめ、天皇から姓「豊臣」と「五七桐」紋を賜ったということで、家紋を持たない庶民が、家紋を必要とする場面でよく使う紋になったようです。ただ、五七桐は格式が高く「政権の家紋」でもあるので、五三桐紋を使うようになったのではないかといわれています。

 

家紋の「種類」

様々な種類の家紋ですが、一般にいわれる「植物紋」「動物紋」とは違う分類をすることができます。

その氏族の代表的な家紋として用いられる「代表紋(だいひょうもん)」「表紋(おもてもん)」、公式に示すことができる正式な家紋「定紋(じょうもん)」、定紋以外の家紋として使用する「替紋(たいもん)」。江戸時代になり、装飾的な家紋が自由に作られるようになり、庶民でも使われたものは「通紋(つうもん)」と呼ばれます。また、室町時代に功績のあった家臣に主君から家紋を授ける風習があり、これを「拝領紋(はいりょうもん)」といいます。

このように、家紋の受け渡しや自由に創作する家紋がある一方、定紋は嫡子にのみ継がせるなど、権威のあるものでもありました。また、婚姻などにより分家になるなどで、本家の家紋が使えなくなっても、デザインを似せて作ることが多く、そういう意味では家紋にも家系を辿るヒントが隠されていることがあります。

 

まとめ

家紋にも様々な歴史がありました。ただ、名字と違い比較的自由に使用できた家紋は、デザインもバリエーションも豊富です。そして定紋と代表紋、替紋と通紋のように、1つの家や個人に複数の家紋を使用していることもわかりました。

自分の家で見つけた家紋がどれに当たるのか、調べてみると意外な家系の流れを見つけられるかもしれません。

家紋についてpart2はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です