家系図製作の手がかり 親族、親等について

家系図に登場する人々

家系図を書き進めていくと、たくさんの親族がいることに驚かれると思います。

ですが、一言で「親族」と言っても、どこからどこまでを指すのでしょうか。自分と親類の関係性を考えると、より理解しやすくなりますので、ここでまとめてみました。

 

親族には大きく2つの意味がある

「親族」とは、いわば家系図に記載するべき人々は全て親族と呼ぶ事ができます。よく「3親等」や「6親等」という事がありますが、これは民法上の親族の規定になります。遺産相続などに使われますが、家系図づくりではひとつの目安と考えるといいでしょう。

ちなみに、親族のうち、起点となる人と血縁でつながる人々を「血族」、婚姻によって生じる配偶者の一方から他方の血族のことを「姻族」といいます。

「血族」は血の繋がりのある人で、生物学的に親子や兄弟、孫、祖父母などの集まりのことです。「血縁者」とも言います。この「血族」には父母や子供、孫など関係が上下に広がる「直系血族」と、それ以外の兄弟やおじ・おば、いとこなど横に広がる「傍系血族」に分かれます。

また養子縁組などによって血が繋がらなくても血族に加えられることもあり、それは「法定血族」として法的には血族と同等の扱いになります。

「姻族」においても同じように、配偶者を起点として「直系姻族」「傍系姻族」と分けられます。

 

「血族」の区分、「尊属」「卑属」

血族のうち、自分を起点として父母、祖父母、おじ、おばなど前の世代に属する人々を「尊属」といいます。

昔の血族では、自分が生まれた後に、親の兄弟姉妹(おじいさんとおばあさんの子供)が生まれたこともあったと思いますが、その場合年下であったとしても親と同世代なので、「尊属」になります。

一方、自分を起点として子、孫、いとこの子など、下の世代に属する人々を「卑属」と呼ばれます。

なお、兄弟姉妹、いとこ・はとこなど自分と同世代の親族は尊属・卑属どちらでもありません

 

民法上の親族

親族とは、広い意味で血族と姻族の集まりです。しかし民法上の解釈ではもう少し範囲が狭まり「6親等内の血族と、配偶者及び、3親等内の姻族」と決められています。これは財産管理や法的な責任の範囲になるので、家系図作りにおいては絶対的なものではありません。

ただ、家系図作成の理由が財産分与や、そのほか民法に関連するものであれば、この6親等内を調べれば終わりになります

 

自分との距離を測る

引用:芦澤税理士事務所

6親等内の直系血族は、上が高祖父の祖父母までたどり着きます。高祖父母は曽祖父母の父母ですので、自分から見て曽祖父母の3世代前になります。下は子供が1親等になるので、「玄孫(やしゃご)」などは聞き覚えがあると思いますが、玄孫は4親等です。6親等は玄孫の次の次の世代で「昆孫(こんそん)」といいます。

一方、傍系血族の場合、兄弟は2親等になり、おじ・おばが3親等、いとこは4親等になります。

なお、自分の配偶者には「親等」とはつきません。起点となる自分と配偶者は同等で、親等距離では測らないからです。

 

自分から見た配偶者と姻族の距離

配偶者の父母、つまり義理の父母は自分からみると姻族の1親等となります。配偶者の兄弟姉妹は姻族の2親等、義理の曽祖父母までが3親等内になります。

基本的には自分を起点とした時と同じ数え方ですが、民法上では姻族の3親等までが起点者の「親族」となります。

 

民法上、実は親族に数えられない人々

3親等や6親等と数えていくと、「あれ、この人は何親等になるのか?」と思うこともありますね。家系図では親族に数える事があっても、民法上では「親族ではない」人々が意外と多いものです。

そこで、次からは親族ではない例を紹介します。

親族ではない例1 配偶者の兄弟の配偶者

親族ではない例2 兄弟姉妹の配偶者の親

親族ではない例3 自分の子の配偶者の親、兄弟姉妹

 

以上の3つは民法上、親族とは認められませんが、逆に、実は親族と認められる人もいるので紹介します。

実は親族と認められる例1 自分が養子の場合、養親の実子の子供

実は親族と認められる例2 配偶者の連れ子の子供

まとめ

昔は、同じ家の中に多くの親類が住んでいましたし、戸籍にも様々な血縁者が登場していました。家系図を作成すると、このように民法上では親族ではない人々も登場する事があります。これも家系図を作る上での面白味と言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です