どんな家系図を作りますか?〜家系図の種類について〜

家系図を辿る目的によって作る形が違う

家系図を作る目的は様々です。自分の先祖を知りたいと思い、ただひたすら上に辿って行くのか、特定の人物と自分を繋げるために辿るのか、または配偶者と自分の先祖の歴史を辿りたいのか。

家系図の形は、一概にくくることはできませんが、作成する理由がわかっているなら大まかに系統する事ができます。そして、辿る家系図の形態も「タテ型」「ヨコ型」と2種類あります。それぞれの特性と、メリットなども考えてみましょう。

 

一番シンプル「父方直系」をたどる家系図

引用:郵送で戸籍謄本を取り寄せる方法

自分の血筋を特定の先祖まで辿るのに適しているのが、父方の直系を基本とした家系図です。目的としては、自分の血筋や家を辿るためが多いでしょう。天皇家の系図や武将の家督・家長(当主)を辿るものがこの形に当たります。これに対して、その直系血族男子の配偶者などを加えていった形もあります。

自分が生まれるための直接的な系図をたどる事ができますが、あくまで男性中心であり「家」を重視した形なので、少し時代がかっているかもしれません。この、家長男性を中心とした形に、配偶者、その周囲の兄弟姉妹の傍系を加えた形は、歴史的にも一般的で基本の形といえるのではないでしょうか。

 

父方の系図をさらに広げたピラミッドを形成する家系図

家系図を作成するために戸籍を取得しますが、そこには自分の父親や祖父の兄弟姉妹が名前を連ねています。父親の兄弟姉妹の子供は自分のいとこにあたりますが、いとこ達に配偶者や、その子供が生まれて親族が広がっていきます。そのように、家系図に傍系血族や傍系姻族を連ねていく形があります。

家系図作成の契機に、祖父母の葬式などでたくさんの親戚に話を聞いたため、ということもあると思います。自分が会ったことがない親戚を知る事ができますし、これからの親戚付き合いにも役立つかもしれません。この父方傍系を連ねる形は、父方直系を辿る形より横に広がりやすくピラミッドのような形になります。この形になると、後から孫や配偶者が加えられたりする可能性があるので、初めからExcelなどを使用して作成するといいかもしれません。

 

自分の血統を明らかにする父方母方網羅した家系図

自分に連なる血統は、父方だけではなく母方もあります。父母両家の親類縁者を明らかにする家系図で、より現代風といえるのではないでしょうか。こちらも、直系男性と配偶者のみ記載する形や、直系兄弟姉妹のみ加えるということもできます。この家系図のメリットは、何といっても自分の血統を両方同時に見渡すことができ、より自分に至る系図を知ることができます。

 

自分と配偶者両家親族を描く家系図

引用:家系図作成まにゅある

この形は、父方母方家系図を自分と配偶者分描き出すという、最も巨大な家系図になります。多くの親戚が登場しますので、両家が揃うイベントや結婚◯周年記念日などで披露するのもいいでしょう。こちらも膨大な人数になりますので、始めから多くのスペースを確保できるよう、イメージをしながら描く必要があります。また、この形ではExcelで作ることも難しくなりますので、パソコンの「家系図製作用ソフト」を購入することも考慮した方がいいかもしれません。

 

家系図の形態「タテ型」「ヨコ型」

引用:株式会社ヴィンテージ

家系図といえば巻物を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。これは「ヨコ型」で、昔ながらの直系男子血族を記載した家系図です。先祖の家長とその配偶者のみを記したものもありますが、横に書き加えていけるのでシンプルで、巻物として残っているものが多いのです。最近では父方母方両方書き記すことや、自分と配偶者の両家を書き記すこともあるようです。基本的には右に上の年代を記し、何代かで折り返し徐々に左に広がっていくという形になります。

引用:家系図物語

「タテ型」は、父方直系を直線的になぞる場合に一番辿りやすい形になります。また、自分の兄弟姉妹やいとこ、叔父叔母などの名前も記載した家系図を作るなら、縦横に大きく広がる形になりますので、年代などを把握しやすいタテ型が適しているといえます。この場合は先祖を上部へ、子孫を下部へ、親戚や配偶者は横に展開していきます。年代を横に並べて分けることができますし、人の繋がりが見やすいという利点もあります。ただ、デメリットは急に人が追加された場合、ますます横に広がっていくので扱いにくいといえるかもしれません。

タテ型は直系傍系を辿るのによく、ヨコ型は両家を辿ることができますし、直系のみを辿ることもできます。また人物の略歴メモを加えることが、タテ型に比べてしやすいことも利点です。

 

家系図を見やすくする基本ルールを決める

どの形にするか決めた後、もう一歩進めて見やすくするためのルールを作るのも、わかりやすい家系図作成に必要です。記載される人物がどのような関係なのか、他の人にもわかるようにするためです。例えば、夫婦の表記は二重線にする、などは有名です。カラーで分けられるなら、二重線でなくても構わないです。兄弟姉妹はこの色、とか婚姻関係や女性と男性で色分けするのもいいでしょう。また、親と子供は1本線で繋がっているのもよくあります。夫婦表記の二重線から1本下ろし、子供を表すなどです。その際、兄弟姉妹など子供を併記する場合は、出生順を男女関係なく右から左に列記するのも、わかりやすいでしょう。

 

まとめ

どんな家系図を作るか、初めにイメージをすると作業がしやすくなります。

大切なのは、多くの人物を記載するときにその関係性を直感的に理解しやすいということ。初めに記載ルールを決めておくと、後に実際の作業がしやすくなると思いますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です