戸籍には種類があることを知っていますか?

実は様々な種類や書式がある戸籍簿

引用:相続戸籍の収集代行WEB

戸籍簿が全国で統一された制度として作られたのは、明治5年からです。その後、様々な改正を経て書式や記載内容が変わってきました。戸籍制度の改正は全部で5回、計6種類もの戸籍簿があります。

最初の戸籍簿は「壬申戸籍(じんしんこせき)」と呼ばれています。

引用:みんかぶ

“壬申”とは、この年の干支から取られており、明治5年に編成されました。

「四民平等」の推進を前提として作られましたが、士族、平民など差別問題につながる恐れのある記載が残っています。そのため、昭和43年(1968)にこの戸籍を使い、被差別部落出身かどうかを探り出そうとする事件があり、現在この戸籍は、法務局によって閲覧禁止となっています。除籍謄本などの交付も行われておりません。

 

現在取得できる一番古い戸籍簿「明治19年式戸籍」

「壬申戸籍」に続く戸籍簿は「明治19年式戸籍」と言います。明治19年(1886)から明治31年(1898)まで施行されました。

引用:相続の栞 – 岩見沢公益社

この戸籍は、家をひとつの単位として、戸主を中心に直系と傍系(兄弟、従妹など)の親族が記載されています。現在のような夫婦を単位とした戸籍とは違い、多くの親族が記載されています。主な記載内容は、死亡、出生、結婚などでシンプルです。

壬申戸籍では「〇〇番屋敷」と住所が屋敷番で書かれていた本籍が、この戸籍簿からは地番で記されるようになりました。また、戸籍の中で唯一「本籍」の記載がありません。住所にあたる場所は書かれていますが、全体のフォームの右上に他の戸籍簿では必ず入る「本籍(地)」と文字が入っていないため、すぐわかります。

この明治19年式から、転籍や除籍制度が設けられるようになったので、戸籍にバツ印がつくようになりました。

 

「明治31年式戸籍」からは「家」重視!

引用:相続の栞 – 岩見沢公益社

今では当たり前に「家」を基本単位としていますが、家制度が始まったのは、明治31年改正民法で「家制度」が制定されてからです。そのため、この年から戸籍簿も家単位になり、狭い親族の集まりをひとつの家に集約する国家管理システムが進められました。明治31年(1898)から大正3年(1914)まで施行されました。

この戸籍の特徴は「戸主となりたる原因および年月日」という欄があることです。つまり家督(相続の理由と日付)がわかるので、戸籍の作成時期が判断できるようになりました。また、戸籍簿のフォーマット右上に「本籍地」と書かれており、これも簡単ですが特徴になります。

当時の家制度を反映して、3世代がひとつの戸籍に入っており、結婚をしても新たな戸籍が作られることはありません。戸主が交代したら新たに戸籍簿が作られるので、祖父の次の戸主は孫という場合もあります。

この戸籍制度では、戸籍簿とは別に「身分登録簿」というものがあり、個人単位でも情報を管理しようとしていたことがわかります。しかし、情報を二重に管理することになり、手間や労力の問題などから大正には廃止されることになりました。

 

戦前の事が分かる最後の戸籍「大正4年式戸籍」

引用:相続の栞 – 岩見沢公益社

前項にあった「身分登録簿」は、今でいう個人情報が全て記載されており、それらの内容を戸籍簿に書き写すという労力のため、「大正4年式戸籍」から廃止されました。結果、国民の登録手段は戸籍簿に一本化され、明治までの戸籍簿よりはるかに詳細な情報が記載されるようになり、自由度も高まります。

特徴としては明治31年式戸籍にあった「戸主となりたる原因および年月日」が消え、代わりに「戸主の事項欄」という部分に記載されるようになります。ここには、戸主に起こったことと、戸籍全体の事、例えば転籍なども一緒に記載されるので情報が増え、解読がかなり難しくなります。

また、これまでは戸籍吏や戸籍役場が戸籍を管理していましたが、大正4年の戸籍法改正から、市町村役場が戸籍事務を執り行うことになりました。今のように、市町村に届けるようになったのもここからです。

この大正4年式戸籍は、江戸から明治にかけての風習や家の成り立ちをうかがい知る事ができる、最後の戸籍簿です。家制度に彩られた、家族の歴史を判読する事ができるかもしれません。

 

戦後の大改造「昭和23年式戸籍」

引用:相続の栞 – 岩見沢公益社

終戦後、大幅な法改正が行われます。昭和22年の民法改正により、それまで100年近く続けられた「家制度」が廃止されます。戸籍の登録単位も「家」から「夫婦」に大きく変わりました。それにより「戸主」という表記も消え、代わりに「戸籍筆頭者」という名称になります。

最も大きな違いとしては、大正4年式戸籍では戸主の孫や甥・姪、叔父叔母なども戸籍に含まれていましたが、昭和23年式からは「1つの夫婦、およびこれと氏を同じくする子」のみを記載するように変更されました。子供は結婚すると配偶者とともに新しい戸籍を作ることになり、親の戸籍からは出ることになります。つまり三代に及ぶ戸籍は認められておりません。

この改正により、戸籍は基本的に現在使用されている戸籍制度へと移っていきました。書式は縦書き、手書きですが内容は現戸籍とそれほど違いはありません。極一部では、現戸籍として残っているようです。

 

現代の「平成6年式コンピュータ戸籍」

引用:相続戸籍の収集代行WEB

平成6年(1994)に戸籍法が改製されて歴史上初の「コンピュータ」による管理になりました。これが現在最新の戸籍制度です。ただしこのコンピュータ式戸籍は、市町村の申し出により随時移行されるもので、現在日本国内全ての市町村で使用されているわけではありません。ですがほぼ、9割の自治体では移行されているようです。

コンピュータ戸籍はデーターベース化されているので、戸籍情報が印字出力され、自治体長の公印が押印されてプリント発行されます。この印字物を「全部事項証明書」「個人事項証明書」といい、これが戸籍謄本・抄本となるのです。

 

まとめ

戸籍には様々な種類があり、過去に遡れば色々な書式の戸籍になります。手書きの戸籍は、読み解くにもコツと根気がいります。どうしても読み解けない漢字や表現の場合は、自治体の窓口に相談してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です