家系図製作の手がかりとなる名字について

名字の歴史を知っていますか?

私たちは普段、「名字(苗字)・名前」を自分の名前として使用しています。例えば「山田太郎」のようにです。現在当たり前に使っている名字は、いつから使うようになったのでしょうか。

名字の歴史は古く、元々は中国の字(あざな)が日本に入ってきたものが変化したという説があります。字とは男性が成人してつける名前のことです。

その後、古代日本では中央貴族や地方豪族など、血縁や職業により形成された集団が朝廷より氏(うじ)・姓(かばね)をもらい、世襲されるようになります。いわゆる「氏姓制度」がこの頃より始まります。それが大化2年(646)「大化の改新」により律令制国家に向けて「律令格式」が発令され、氏姓制度が廃止されるようになります。

律令格式とは、「律」が罪状などの刑法、刑法以外の大綱を「令」、時勢の必要に応じて制定する臨時法を「格」、施行に関する詳細についての「式」からなる、古代国家の法律書です。歴史の教科書で習った、公地公民制や租庸調制などもここに制定されたものです。

 

この頃から、氏族より個人が属する家系や家族に重きを置くようになり、従来の氏の中でもその家を区別するようになってきます。例えば藤原北家、藤原式家などの藤原四家などもそうで、同じ家の中でも権力のある人物ごとに派閥が生まれたりします。その家を区別するために地名などを名乗るようになり、これが名字の始まりとなって行きます。

 

武士の時代の名字

平安後期になると律令制は崩壊していきます。しかし、氏姓が全くなくなった訳ではありません。公的な名前として氏姓は公家にも武士にも残りますが、私的な名字が主流になっていきます。

その背景には、武士には荘園の管理や土地の開拓により領地を広げていく過程で、その土地の名前を名乗っていくことで、その土地の所有権を主張することにもなり、自由に名乗れる名字が主流になっていったとされています。

 

では庶民の名字はいつから始まったのか

一般の人々には名字がなかったのでしょうか。実は、名字に当たるものは古代からありました。地方豪族に所属しているという意味の部曲(かきべ)というのがこれにあたり「〇〇部」と称されます。「大伴部」や「秦部」などと使います。これは私有民ともいい、のちに公民となります。公民となった一般人には特に公的に名乗らなければならない名字はありません。そのため比較的自由に名前をつけていたようです。

これは江戸時代まで続きます。江戸時代になると、幕府の政策により公家と武士以外では名字を名乗ることが許されなかったのですが、名字がなくなった訳ではなく、例えば商家は屋号などを私的に名字のように名乗っており、表立って表さないものの血族間で受け継がれていくことになります。

私称の名字については、寺の過去帳や村の古文書などに残っている場合もあります。

 

明治時代に誕生した新たな氏姓制度

明治時代になると、ついに一般人にも名字を名乗ることが義務付けられるようになります。明治8年(1875)発令の「平民名字必称義務令」です。実は明治政府はこの法令の5年前にも、平民が名字を名乗っていいという許可「平民名字許可令」を出しているのですが、長かった江戸時代は、名字が公家や武士の特権で、一般人の公称を許されなかったため、名字を名乗ることにより税や徴兵が増えるのではないかという不安や警戒心から、名字の使用が全く進みませんでした。そこで新たに、必称義務令として布告することになったのです。

なお、平民名字必称義務令では、できるだけ先祖伝来の名字を名乗るようにと記されており、それがわからないものは新たに名字を作るようにしました。これを「明治新姓といいます。この明治新姓により、今までにない名字「蛸(たこ)」「鯖(さば)」「霊園(れいえん)」「甘露(かんろ、あまつゆ)」などの珍しい名字や、僧侶が付けた名字が増えたといいます。

 

名字の分布から出身地をたどる

明治8年から一般人も使うようになった名字ですが、特定の地域に多い名字や、分布する土地が限られている名字などがあります。これは家系図を製作する上において、大切なヒントになります。全国の特定の土地に分布している名字は、地名や歴史と密接に関わっている場合が多いからです。

珍しい名字でなくても、「〇〇県には伊藤さんと伊東さんによって住んでいる場所が違う」とか「△△地方には田中さんが多い」などの情報も役立つ場合があります。インターネットにも全国の苗字の分布を統計しているサイトがあり、先祖を辿る手がかりに行き詰まった時などに活用してみると、新たな発見があるかもしれません。

姓名分布&ランキング

苗字由来.net

 

まとめ

一般人が名字を名乗るようになるまで、長い歴史があり、明治時代から全ての人が名字を使うようになりました。

名字には、その名字に至るまでの情報も含まれている場合があります。自分の名字の分布から、家系図がたどれることもあるかもしれません。

家系図製作の際にはぜひ留めておきことの一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です